血液クレンジングならアンディーズクリニック

アンディーズクリニック



血液クレンジングとは別名「オゾン療法」とも呼ばれています。 ドロドロになった血液の一部を取り出し、オゾンで浄化してサラサラにした後、再び体内に戻すという治療です。 一度取りだした血液にオゾンを投入することで血液が活性化され、その血液が再び体内に行き渡ることで、体の隅々にまで酸素が行き渡るようになるのです。 ヨーロッパ諸国では、代謝の改善や免疫力の向上などに効果的な治療として広く認知されています。

血液クレンジングを行うことで、様々な症状の改善が見込めます。


■血流改善……肩こりや腰痛、冷え性などの慢性的な疾患の改善
■活性酸素の減少……細胞の老化予防(エイジングケア)、臓器の機能促進
■被ダメージ細胞の修復……慢性的な疲労や筋肉痛の改善
■抗アレルギー作用……花粉症やアトピーなど、アレルギー性疾患の改善

※上記以外にも、下記の疾病の症状改善が見込めます。

高血圧、パーキンソン病、脳梗塞、高脂血症、動脈硬化、がん、糖尿病、心筋梗塞、神経痛、腰痛、ウィルス性肝炎、関節リウマチ、線維筋痛症


また血液クレンジングを行うことで、以下のような効果が見込めます。

■体の隅々まで酸素が行き渡るようになる
■血行が良くなる
■サラサラな血液になる
■抗酸化力が高まる
■免疫力が高まる


当クリニックの血液クレンジングが支持される理由


当クリニックで行う血液クレンジングは、日本に2台しか存在しないドイツ製の機械を使用しています。そのため、他のクリニックよりも効果的な治療が行えます。

Hyper Medozon(TM)

ドイツのオゾン機器メーカーの最大手・へールマン社製でドイツの医療器具の承認がされた機械です。 機械が自動的にあらかじめ一定の設定をしておいた圧力の加圧を行うので、従来よりも簡単に早期に治療が終わります。

また、ドイツの医療器具なので、あらかじめ濃度をコンピューターに指定しておきさえすれば、機械から創出されるオゾンガスは最初の1mlから指定した濃度を保持することが可能です。
自家血療法を行う際に、血液を吸引・オゾンガスの混合・加圧による還流と、一連の機能をタッチスクリーンに触れるだけで自動的に行うことができます。 従って手作業は針の留置とフラスコの点滴スタンドへの懸架、オゾン混合時のフラスコのローリングだけで、これ以外は必要がありません。

オゾンは、血圧を下げることと糖尿病のコントロールが生理学的な理由で可能あり、またがんにおいても酸素が豊富な組織では増殖を抑制できることがオットーワーブルグ医師のノーベル賞受賞対象研究で明らかとなっており、有効性が見込まれています。



■以下の治療に最適です。
高圧オゾン療法・超大量自家血療法・通常圧オゾン療法・シリンジによるオゾン吸引・連続オゾン酸素ガス供給・直腸注入法

オゾン濃度:5~80㎍/ml
流量:1リットル/毎分
一回の施術における最大オゾン量:120,000㎍

治療の流れ


患者様の声

血液クレンジングを行った患者様の声を集めました。

最近メタボ気味で心臓の負担が心配になり、友人に勧められて血液クレンジングを始めました。4回治療を行ったのですが、血圧が少し下がり、高かったコレステロールは正常値に戻りました! コレステロールの薬を飲まずに済むようになったのがとても嬉しいです。大好きなゴルフをやってもお酒を飲んでも翌日全然疲れなくなったのもビックリです!(40代男性)
テレビで血液クレンジングが冷え症に効くと放送されていたので、次の日さっそく体験してきました。 施術後、手の先と胸のあたりが温かくなってきて、眼がスッキリした感じです!感じ方は人によって違うと説明がありました。何回か通ってみましたが、通うごとに効果を実感できています!(20代女性)

お気軽にご相談ください

血液クレンジングに関して不安な点がございましたら、当クリニックまでお気軽にお問い合わせください。

【Dr. Andyプロフィール】
院長 医学博士 アンドリューウオン

1974
国立岐阜大学医学部入学
1976
ロータリー米山記念財団奨学生
1981
国立岐阜大学医学部卒業
1981
日本政府文部科学省外国人国費研究奨学生
1986
国立岐阜大学大学院 整形外科学修了 医学博士(骨・軟骨悪性腫瘍治療とHLA研究)
1986
名古屋大学形成外科勤務後、欧米の有名な薬学科学者、アンチエイジング専門医、腫瘍学専門医、美容医療専門医のもとで研修、研究を進める
1989
東京・六本木にドクターアンディーズクリニック(ライフスタイルマネージメント医療:モチベーションセラピー、ストレスケア、アンチエイジング、ガン予防・治療、美容皮膚科、美容外科)開設
1999
カナダのトロントに北米研究所を設立、医薬品の開発とナノテクノロジーレベルの「経皮吸収ドラッグデリバリーシステム」の研究を始める。
2012
中国大連大学の客員教授に就任
2017
国際抗老化再生医療学会会員、国際遺伝子免疫薬学会会員


アクセス


がん予防・治療・再生医療 Dr.アンディーズ クリニック
東京都港区六本木4-8-7六本木嶋田ビル6F

アクセス:地下鉄日比谷線・大江戸線 「六本木駅」6番出口より徒歩約1分

0334010720

受付時間 10:00~19:00



こちらもご覧ください


医療水素酸素治療
ウルトラプラセンタ
高濃度ビタミンC点滴療法

がん関連サイト




ページ上部へ